うきうきラグビー日和

ラグビーのルールから最新の見どころ、おすすめアイテムなどを紹介します。

ラグビーのためのトレーニング~速筋と遅筋~



今回はラグビープレイヤーのためのトレーニングについて書いていこうと思います。


ラグビーは格闘技に近いコンタクトスポーツなので、ウェイトトレーニングを始めとするフィジカルトレーニングは欠かせません。プレーのレベルを向上させるためでもありますが、それと同時に自分の身を守るためでもあります。
しかし、ボディビルをしている訳ではないので、「ラグビーで使う」ことを意識したを体づくりをする必要があります。


「ラグビーで使う」筋肉とは?

そもそもラグビーではどのような筋肉を使うのでしょうか。

筋肉には速筋遅筋という二種類の筋肉があり、その比は個人で異なります。
速筋と遅筋にはそれぞれに得意とする運動があり、スポーツによって必要とされる筋肉が違います。

速筋は、素早く激しい運動に向いています。
逆に遅筋は、ゆっくりで長い運動に向いています。

ラグビーはどちらの運動が中心かというと、両方です!!

ラガーマンの筋トレの難しいところで、タックルやダッシュと言った速筋を使う運動をしながら、尚かつ一試合を通して走り続けるために遅筋も使われています。

ただし、ここで大事なことが個人によって速筋と遅筋の比率が違うという事です。

例えば、短距離走が得意な人が必ずしも長距離走も得意とは限らなかったり、短距離走で目が出なかった人が長距離走で大成したりすることがあります。これは速筋と遅筋の構成比が個人で異なることを示しています。

つまり、速筋と遅筋の両方をフル活用するラグビーでは、個人の筋肉の構成比に合わせてトレーニングする必要があります。速筋ばかりだと持久力が低くなり、遅筋ばかりだとパワーが弱くなってしまいます。


速筋と遅筋の鍛え方の違い


先程も言った通り速筋と遅筋で動員される運動が違います。

つまり、メニューによって速筋に効かせるのか遅筋に効かせるか目的が変わってくるという事です。

それでは具体的に違いを説明します。

速筋は遅筋に比べ、爆発的な力を発揮できるので、パワー系の運動で使われます。
したがってトレーニングでは、高負荷・低回数で行うと重点的に鍛えられます。
具体的には、10rep以下で限界を迎える回数がちょうどよいです。

遅筋は速筋に比べ、パワーは出せませんが長時間動かすことができるので、持久系の運動で使われます。
したがってトレーニングでは、低負荷・長時間で行うと鍛えられます。
具体的には、1500メートル走などのいわゆる有酸素運動です。



神経を鍛えよう


ウェイトトレーニングで強い体を作る事も大事ですが、それだけではラグビーに生かせません。
筋肉の成長と同等に神経の発達も極めて重要です。
優れた部品を使ったロボットでも、配線がなければ動かないのと同じです。

そもそも神経って鍛えられるの?と思った人もいるかもしれませんが、もちろん鍛えられます。
ケガによって麻痺してしまった人が、リハビリを重ねてその部分の神経を鍛え元の生活に戻るというのがよい例です。

神経を鍛える事によって、上手く動かせなかった部分が動かせるようになったり、動きがよりスムーズになったりします。経験者の動きが初心者には真似できないほどスムーズで無駄が少なかったり、似たスポーツの経験者がすぐに慣れることが出来るのは、ラグビーで使う部分の神経が鍛えられているというのが一つの要因です。

では神経はどのように鍛えられるのでしょうか。
神経は反復練習によって鍛えられます。
タックル、ダッシュ、パス、どれも反復練習すると思いますが、それは神経を鍛えているのです。

さらに、神経は筋肉に刺激が加わった直後、つまり筋トレの直後に発達しやすくなります
例えばラグビーでは東海大学がウェイトトレーニングの直後にコンタクトの練習をしたり、バスケではマイケル・ジョーダンがウェイトトレーニングの直後にシュートの練習をしていたり。
端的に言うと、筋トレの直後が上達のチャンスなのです。



まとめ



以上の事を踏まえて、上達へのフローチャートを作るならば、

1、ウェイトトレーニングで強い肉体を作る。
2、指導者や他者のプレーから理想的な動き方の知識を得る。
3、知識を反復し神経を鍛える。
4、1~3を繰り返す。


これでスキルは確実に上達します。

ただしラグビーの試合では、得たスキルの的確な使い方(判断力)や味方との連携やコミュニケーション(戦術)など様々な要素が絡んでくるので、スキルだけでは勝てません。

しかし、土台となる個人のスキルがなければ、その上に積み上げる判断や戦術の幅は狭くなります。
つまり、個人のスキルは極めて重要という事です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

ラグビージャージ(ユニフォーム)まとめ(ナショナル編)


今回はナショナルチーム(各国代表チーム)のジャージについてまとめました。

多種多様なデザインの由来や機能性があって非常に興味深いです。

ユニフォームを貰ってラグビーを始めたという人もいます。お気に入りのユニフォームを着て練習すればモチベーションもあがるでしょう。




日本代表

最初は、日本代表です。

CANTERBURY/カンタベリー ジャパン レプリカ ホーム ジャージー (RG36032)/ラグビー 日本代表 ユニフォーム


日本代表のジャージはは赤と白の縞模様と、左胸の桜のチームロゴが特徴です。
桜は日本代表の愛称「ブレイブブロッサム」の由来にもなっています。

ちなみに、「ブレイブブロッサム」という名前は、2003年のラグビーワールドカップでの日本代表の戦いを見た地元の人たちが、桜を意味する「チェリーブロッサム」のチェリー(英語で”初心者”の意)をブレイブ(英語で”勇敢な”の意)に変えて呼んだことが始まりです。

日本代表のジャージが縞模様なのは、チーム結成時に既にほとんどの単色が海外のチームに使われてしまっていたからと言われています。

もうすぐ桜が咲く季節ですので練習着や応援用、プレゼントなどにして気分を変えてみてもいいかもしれません。



下記からお買い求めできます。
(カンタベリー)CANTERBURY ジャパン レプリカホームジャージー RG36032 <メンズ> RG36032 ホワイト XL




ニュージーランド代表


「ラグビー ニュージーランドユニフォーム」の画像検索結果



ニュージーランド代表は「オールブラックス」とも呼ばれるように、真っ黒なジャージがトレードマークです。左胸にはシルバーファーンという、古くからニュージーランドで神聖なものとされる、銀色のシダの葉がつけられています。

ニュージーランドは言わずと知れた世界ランキング1位の現在世界最強のチームです。

全身黒に包まれた姿はとても格好よく、オールブラックスのジャージをもらってラグビーを始めたという人もいます。

下記からお買い求めできます。
adidas(アディダス)オールブラックス 1stレプリカジャージ ラグビー ニュージーランド代表 シャツ BPA78 AP5663 M




イングランド代表
関連画像

イングランド代表はニュージーランドとは正反対の純白のジャージです。チームロゴは赤いバラで、その由来には諸説あります。イギリス王家の紋章が赤いバラだからという説、ラグビー発祥のラグビー校の校章が赤いバラだからという説、いずれにせよ赤いバラはイングランドの人たちにとって特別なものという事ですね。

ちなみにイングランド代表はサクソンズ(Saxsons)という愛称があります。

イングランドは現在オールブラックスに迫る強豪になっていてこれからさらに人気が高まるかもしれません。

以下からお買い求めできます。
(カンタベリー)CANTERBURY イングランドレプリカホームジャージー RG36543 ホワイト S




オーストラリア代表

最後はオーストラリア代表です。
「ラグビー オーストラリア ユニフォーム」の画像検索結果


オーストラリア代表は黄色のジャージです。胸元にチームロゴが入っており、左の袖にはチームの愛称にもなっているワラビーがあしらわれています。

練習で着るには少し派手かもしれませんが、派手な服を人目を気にせず着られるのはラグビーの練習中ぐらいなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以下からお買い求めできます。
(アシックス)asics(アシックス) ラグビーウエア ワラビーズ ファンジャージ XRW408 [メンズ] XRW408 1016 ゴールド M




最後に

各国の代表ジャージを着て練習すると、少し強くなった気がしてやる気が上がります。
ぜひ気に入ったものがありましたら、買ってみてください。

拙い文章ですが、最後までありがとうございました。




ラグビーシックスネーションズの注目はここだ!!


こんにちは!
今回はシックスネーションズ(Six Nations)について紹介したいと思います。


1.シックスネーションズとは??

2.2018年大会の見どころは??

3.試合の日程は??

4.試合を見るには??




1.シックスネーションズとは??

シックスネーションズ(Six Nations)とは、ヨーロッパで毎年行われている世界で最も歴史のあるラグビーの大会です。
名前からもわかるように、出場するのは、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、イタリアの六か国です。

六か国?と思った方もいると思いますが、その通り、国数は四か国です。
しかし、サッカーでもそうなように、イギリスではもともと地域ごとにルールの違うフットボールをしていたため、その名残で地域ごとに出場します。

元々はフランス、イタリアを除く四か国で行われていましたが、1910年にフランス2000年にイタリアが加わり、現在は六か国の総当たり戦で行われています。


各国の優勝回数


イングランド・・・38回
アイルランド・・・38回
フランス・・・25回
ウェールズ・・・22回
スコットランド・・・22回
イタリア・・・0回




2.2018年大会の見どころは??


今年のシックスネーションズの見どころを紹介します。

今年の注目は何といっても、イングランドです!
2016年2017年と2連覇しており、2018年も制し史上初のシックスネーションズ3連覇達成となるか注目です。
前回ワールドカップで日本を率いた、エディ・ジョーンズをヘッドコーチに迎えてから、昨年のシックスネーションズでアイルランドに敗れたのみで、対外試合23戦22勝と圧倒的な強さを誇ります。
大会前の世界ランキングは2位と間違いなく今大会の優勝候補の筆頭です。


そしてそのイングランドと競るのが、前回大会2位のアイルランドです。

前回大会ではイングランドに唯一土をつけたチームで、昨年はテストマッチで南アフリカやアルゼンチンといった強豪に勝ち、現在世界ランキング3位。
個人的にはスクラムが非常に強くそこからの安定した球出しと、スタンドオフのセクストン選手を中心としたバックスのスキルの高いパス回しが魅力だと思います。

最近力をつけてきたスコットランド(世界ランク5位)や、前回大会でぎりぎりまでイングランドと優勝を競ったウェールズ(世界ランク7位)、チームの若返りを図った大陸の強豪フランス(世界ランク9位)、2015年以来の勝ち星を狙うイタリア(世界ランク14位)も注目してほしいです。

結局全チーム注目という事になってしまいましたが、全チーム注目してください!
世界トップレベルの6チームが集まっているので、どこが優勝するか分かりません!




3.試合の日程は??

試合は、2月3日から3月17日まで行われます。

組み合わせ

ラウンド1(2月3日~5日)
ウェールズvスコットランド
フランスvアイルランド
イタリアvイングランド

ラウンド2(2月10日~12日)
アイルランドvイタリア
イングランドvウェールズ
スコットランドvフランス

ラウンド3(2月24日~25日)
フランスvイタリア
アイルランドvウェールズ
スコットランドvイングランド

ラウンド4(3月10日~12日)
アイルランドvスコットランド
フランスvイングランド
ウェールズvイタリア

ラウンド5(3月17日~18日)
イタリアvスコットランド
イングランドvアイルランド ←注目!!
ウェールズvフランス



4.試合を見るには??


日本での放映権はWOWOWが持っています。

WOWOWは加入した月は料金が発生せず、手数料もかからないので、シックスネーションズの期間だけ加入するのもいいかもしれませんね。
詳しくはこちら



最後に
イギリスでは国営テレビBBC(日本で言うところのNHK)で全試合中継されるほどの大会です。
ぜひ試合を見て、世界最高峰のラグビーを楽しんでください。