今回はナショナルチーム(各国代表チーム)のジャージについてまとめました。

多種多様なデザインの由来や機能性があって非常に興味深いです。

ユニフォームを貰ってラグビーを始めたという人もいます。お気に入りのユニフォームを着て練習すればモチベーションもあがるでしょう。




日本代表

最初は、日本代表です。

CANTERBURY/カンタベリー ジャパン レプリカ ホーム ジャージー (RG36032)/ラグビー 日本代表 ユニフォーム


日本代表のジャージはは赤と白の縞模様と、左胸の桜のチームロゴが特徴です。
桜は日本代表の愛称「ブレイブブロッサム」の由来にもなっています。

ちなみに、「ブレイブブロッサム」という名前は、2003年のラグビーワールドカップでの日本代表の戦いを見た地元の人たちが、桜を意味する「チェリーブロッサム」のチェリー(英語で”初心者”の意)をブレイブ(英語で”勇敢な”の意)に変えて呼んだことが始まりです。

日本代表のジャージが縞模様なのは、チーム結成時に既にほとんどの単色が海外のチームに使われてしまっていたからと言われています。

もうすぐ桜が咲く季節ですので練習着や応援用、プレゼントなどにして気分を変えてみてもいいかもしれません。



下記からお買い求めできます。
(カンタベリー)CANTERBURY ジャパン レプリカホームジャージー RG36032 <メンズ> RG36032 ホワイト XL




ニュージーランド代表


「ラグビー ニュージーランドユニフォーム」の画像検索結果



ニュージーランド代表は「オールブラックス」とも呼ばれるように、真っ黒なジャージがトレードマークです。左胸にはシルバーファーンという、古くからニュージーランドで神聖なものとされる、銀色のシダの葉がつけられています。

ニュージーランドは言わずと知れた世界ランキング1位の現在世界最強のチームです。

全身黒に包まれた姿はとても格好よく、オールブラックスのジャージをもらってラグビーを始めたという人もいます。

下記からお買い求めできます。
adidas(アディダス)オールブラックス 1stレプリカジャージ ラグビー ニュージーランド代表 シャツ BPA78 AP5663 M




イングランド代表
関連画像

イングランド代表はニュージーランドとは正反対の純白のジャージです。チームロゴは赤いバラで、その由来には諸説あります。イギリス王家の紋章が赤いバラだからという説、ラグビー発祥のラグビー校の校章が赤いバラだからという説、いずれにせよ赤いバラはイングランドの人たちにとって特別なものという事ですね。

ちなみにイングランド代表はサクソンズ(Saxsons)という愛称があります。

イングランドは現在オールブラックスに迫る強豪になっていてこれからさらに人気が高まるかもしれません。

以下からお買い求めできます。
(カンタベリー)CANTERBURY イングランドレプリカホームジャージー RG36543 ホワイト S




オーストラリア代表

最後はオーストラリア代表です。
「ラグビー オーストラリア ユニフォーム」の画像検索結果


オーストラリア代表は黄色のジャージです。胸元にチームロゴが入っており、左の袖にはチームの愛称にもなっているワラビーがあしらわれています。

練習で着るには少し派手かもしれませんが、派手な服を人目を気にせず着られるのはラグビーの練習中ぐらいなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以下からお買い求めできます。
(アシックス)asics(アシックス) ラグビーウエア ワラビーズ ファンジャージ XRW408 [メンズ] XRW408 1016 ゴールド M




最後に

各国の代表ジャージを着て練習すると、少し強くなった気がしてやる気が上がります。
ぜひ気に入ったものがありましたら、買ってみてください。

拙い文章ですが、最後までありがとうございました。




スポンサードリンク